前田、2位も意地の自己新「最後にペースを上げられなかった悔しさもある」

[ 2021年2月1日 05:30 ]

大阪国際女子マラソン ( 2021年1月31日    大阪市・長居公園南西口発、ヤンマースタジアム長居着の長居公園周回路=1周2.8キロを15周 )

メダルを手に笑顔の前田
Photo By スポニチ

 東京五輪代表の前田穂南(24=天満屋)は「足に来た」と14キロ手前で脱落した。2時間23分30秒の2位に「途中から苦しかった。最後にペースを上げられなかった悔しさもある」と表情を変えずに振り返った。

 新型コロナウイルスの世界的感染に伴い、恒例の米国高地合宿をできなかった。帰国後の2週間の隔離を避けるために、国内で練習を積んだ。起伏に富んだ土地での走り込みができず、下半身強化が思うように進まなかった。昨年末に左ふくらはぎを痛めて1日休んだことよりも影響が大きく、武冨豊監督は「高地合宿をしないことで私にペース設定の迷いが出た」と調整の難しさを口にした。この日、「足に来た」ことと無縁ではなかった。

 圧勝した19年のMGC以来、1年4カ月ぶりの42・195キロだった。日本新を逃したものの、「タイムを意識して粘って足を動かした」と踏みとどまった。自己記録を18秒更新したのは底力。次戦となる五輪へ「金メダルを目指したい」と目標はぶれなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月1日のニュース