時津風部屋、元土佐豊・間垣親方が継承へ 度重なる問題行動…時津風親方は退職意向

[ 2021年2月1日 05:31 ]

元土佐豊の間垣親方
Photo By スポニチ

 時津風親方(47=元幕内・時津海)の度重なる問題行動で揺れる名門・時津風部屋を、部屋付きの間垣親方(35=元幕内・土佐豊)が継承する方向で調整が進められていることが31日、分かった。複数の関係者によれば、時津風親方や時津風一門の有力親方も了承しているという。

 時津風親方は初場所中にマッサージ店や麻雀店に行くなど、日本相撲協会が定める新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反。昨年9月にも不要不急の外出を禁じられていた期間に、地方でゴルフに興じるなどガイドラインに違反し、2階級降格などの処分を受けていた。今回が2度目の不祥事で、引退勧告を含めた厳罰は必至とみられており、同親方は処分の内容にかかわらず退職の意向という。そうした流れを受け、同じ東農大の後輩の間垣親方が跡を引き継ぐことになったもようだ。同部屋は大関・正代も東農大出身のため、部屋関係者の理解も得られやすそうだ。

 また、時津風親方の長男の坂本博一(18=青森・三本木農高3年)が時津風部屋に入門し、3月の春場所でデビューすることも分かった。坂本は同校相撲部の主将を務め、県内の大会の団体戦で優勝するなど活躍。デビュー後の成長が期待されている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月1日のニュース