左足首負傷の正代、年内稽古再開に意欲も「体と相談して決める」

[ 2020年12月12日 05:30 ]

ゴムチューブを使ったトレーニングをする正代 (代表撮影)
Photo By 代表撮影

 左足首の負傷で11月場所を途中休場した大関・正代は都内の時津風部屋で基本運動などを入念に行った。

 年内にも相撲を取る稽古を再開したい意向だが「体と相談して決める」と慎重姿勢。初場所は大関2場所目でカド番となる。部屋付きの井筒親方(元関脇・豊ノ島)は「(ケガは)相撲人生を左右するものではない。これを乗り切る強い気持ちはあると思う」と奮起を期待した。

続きを表示

2020年12月12日のニュース