NBAのプレシーズンが開幕 ロケッツに移籍したウォールが2年ぶりにコートに登場

[ 2020年12月12日 14:50 ]

古巣クリッパーズを相手にダンクを決めるレイカーズのモントレズ・ハレル(AP)
Photo By AP

 NBAのプレシーズン・ゲームが11日からスタート。この日は各地で5試合が行われ、シカゴ(イリノイ州)でブルズと対戦したロケッツは、3季連続得点王のジェームズ・ハーデン(31)が移籍を志願してチームに合流していないが、125―104(前半68―48)で勝って初戦で白星を飾った。

 ラッセル・ウエストブルック(32)とのトレードでウィザーズからロケッツに移籍してきたガードのジョン・ウォール(30)は19分の出場でフィールドゴール(FG)を10本中6本成功させて13得点、5リバウンド、9アシスト、2スティールと活躍。左足アキレス腱の断裂とそのリハビリの影響で実戦に登場したのは2018年12月26日以来、約2年ぶりとなったが、インサイドを突く加速力にもキレがあり復調気配を漂わせていた。

 ウォリアーズ時代の2019年6月のファイナルで左膝のじん帯を断裂したセンターのディマーカス・カズンズ(30)も約1年半ぶりの実戦。ブルズ戦では15分の出場で14得点、5リバウンド、2アシスト、2スティール、2ブロックショットを記録した。

 昨季王者のレイカーズは開幕戦(22日)で顔を合わせるクリッパーズと対戦。レブロン・ジェームズ(35)とアンソニー・デービス(27)の主力2人は欠場したが、87―81(前半43―46)で競り勝った。

 昨季「シックスマン賞」を受賞し、オフにクリッパーズから移籍してきたフォワードのモントレズ・ハレル(26)と前サンダーのガード、デニス・シュルーダー(27)とともに先発に名を連ね、昨季先発が63試合中2回しなかったハレルは31分で13得点と12リバウンドでダブルダブル、シュルーダーは24分で10得点を記録した。

 前日に契約を4年延長したクリッパーズのポール・ジョージ(30)は10得点で、カワイ・レナード(29)は3得点のみ。出場時間はともに14分だった。

 プレシーズンは12日に7試合が組まれており、渡辺雄太(26)が加入しているラプターズは敵地シャーロット(ノースカロライナ州)でホーネッツと対戦。八村塁(22)が所属するウィザーズの初戦は13日で、敵地ブルックリン(ニューヨーク州)で、ケビン・デュラント(32)が復帰するネッツと顔を合わせる。

 <11日の結果>

ニックス90―84*ピストンズ
マジック116―112*ホークス
ロケッツ125―104*ブルズ
*レイカーズ87―81クリッパーズ
*トレイルブレイザーズ127―102キングス

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

2020年12月12日のニュース