セインツのQBブリーズが肋骨を5カ所骨折 長期離脱か? 2010年スーパーボウルのMVP

[ 2020年11月17日 08:03 ]

肋骨の骨折と肺の損傷で戦列を離脱したセインツのQBブリーズ(AP)
Photo By AP

 2010年のスーパーボウルでセインツを初出場&初優勝に導き、MVPにもなったQBドリュー・ブリーズ(41)が左の肋骨を3カ所、右の肋骨を2カ所骨折していたことが判明。16日にスポーツ専門局のESPNやAP通信社が匿名の関係者の話として精密検査での診断結果を公表したもので、右の肺を損傷していることも明らかになった。

 左の肋骨は今月8日のバッカニアーズ戦で痛めたもので、当初は「肩の負傷」とされていたが肋骨の骨折が確認された。

 右の肋骨は15日の49ers戦の前半に骨折。ブリーズはこの負傷のために息苦しさを訴えて後半はプレーすることができなかった。

 深刻なのは肺にまで影響が及んでいる右の肋骨の方で、主治医は「肺気胸(肺の空気が漏れ出しその空気が肺を圧迫する状態)になった可能性がある」と診断。戦列復帰に関しては楽観的に見れば2~3週間とされているが、過去の症例などからそれ以上かかる可能性があり、離脱は長期に及ぶおそれもある。

 ブリーズはパデュー大(インディアナ州)から2001年のドラフト2巡目(全体32番目)に当時サンディゴに本拠を置いていたチャージャーズ(現在はロサンゼルス)に指名されてNFL入り。183センチとNFLのQBとしては小柄ながら2季目からは先発に昇格し、2006年にセインツに移籍した。

 2010年のスーパーボウルではコルツを31―17で下して優勝。NFL20シーズン、284試合で積み上げたパス獲得(7万9612ヤード)とTD数(565)はいずれも歴代1位となっている。

 セインツは今季ここまで7勝2敗で6連勝中。NFC南地区では首位に立っている。ブリーズが負傷退場となった49ers戦の後半は、2015年のドラフト全体トップ指名選手で、昨季までバッカニアーズで先発を務めていたジェイミス・ウィンストン(26)がプレー。チームにはRBとWRとしても随所でオフェンスに絡んでくるテイサム・ヒル(30)もQBとして登録されているため、極端な戦力ダウンはないものの、7勝3敗の0・5ゲーム差で地区2位につけているのは、昨季までペイトリオッツに在籍していたQBトム・ブレイディー(43)を擁するバッカニアーズ。セインツにとってブリーズの離脱は地区優勝争いに大きな影響を与えることになるかもしれない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月17日のニュース