兵庫・赤穂市とアミューズが連携 オンラインマラソン大会開催決定 来年2~3月

[ 2020年11月17日 18:26 ]

会見で話す牟礼正稔赤穂市長
Photo By スポニチ

 兵庫県赤穂市の牟礼正稔市長(66)が17日、定例記者会見で「第10回赤穂シティマラソンオンライン大会」(スポニチ共催、来年2月20日~3月7日)の開催と大会概要を発表した。

 コロナ禍により、通常11月開催のマラソン大会は中止となったが、実行委員会での協議の結果、オンラインでの開催を決定した。従来のオンラインマラソンと違い、アミューズが開発に携わったアプリ「DISTRICT(ディストリクト)」を使用した日本初の大会となる。

 現地を実際に訪れ、市内に設定されたマラソンコースを走り、規定時間内での走破距離を競う。牟礼市長は「春に向かうとても良い季節になる。ぜひ風光明媚(び)な赤穂の街に来ていただき、楽しく走って、リフレッシュしてもらいたい」と話した。大会エントリーは12月14日開始。詳しくは大会公式サイトまで。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年11月17日のニュース