貴景勝 休場明けも鮮やか完勝 藤島審判長「会心の相撲」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

大相撲秋場所初日 ( 2020年9月13日    両国国技館 )

<秋場所初日>照ノ富士(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 左膝負傷で先場所を途中休場した貴景勝は、鮮やかな内容で元大関・照ノ富士を下し、幸先のいいスタートを切った。

 8月下旬に元大関・北天佑の次女との婚約を発表。発奮材料のある場所で白星発進したが、報道陣のリモート取材には応じなかった。藤島審判長(元大関・武双山)は「(ケガで)不安な部分があるが、今日は会心の相撲でしょう」と評価した。

 一方、完敗を喫した7月場所覇者の照ノ富士は「ちょっと迷った。右で張ろうと思って中途半端に立ってしまった」と淡々と敗因を挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月14日のニュース