フィギュアGPシリーズは変則開催 NHK杯など6大会、開催国の選手などに制限

[ 2020年8月5日 02:18 ]

昨年11月のNHK杯を制した羽生結弦
Photo By スポニチ

 国際スケート連盟(ISU)は4日、3日にオンラインで開催された理事会の決定事項を発表した。10月から開催されるフィギュアスケートGPシリーズ6大会は予定通りの日程で実施。新型コロナウイルスによる渡航制限などの影響のため、各大会の出場選手を開催国の選手、開催国で練習している選手などに制限した変則開催となる。詳細を詰めて公表するという。

 GPシリーズは10月23日から始まる第1戦スケートアメリカ(ラスベガス)を皮切りに行われ、日本では第6戦NHK杯(11月27~29日 大阪府門真市・東和薬品ラクタブドーム)が予定されている。

 22年北京五輪のプレ大会となる12月のGPファイナル(北京)は開催可否や時期を含めて協議する。次回の理事会は8月28日に予定されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月5日のニュース