ジャック・ニクラウス氏が新型コロナ感染を公表 3月にバーバラ夫人とともに感染

[ 2020年7月20日 08:08 ]

ともに新型コロナに感染していたことを公表したジャック・ニクラウス氏(右)とバーバラ夫人(AP)
Photo By AP

 ゴルフ界の“帝王”ジャック・ニクラウス氏が19日、自身がホスト役を務めている米男子ツアー、ザ・メモリアル・トーナメント(オハイオ州ダブリン)をオンエアしていたCBSの番組内で、自身とバーバラ夫人(ともに80)がフロリダ州ノースパーム・ビーチ(マイアミの北120キロ)の自宅にいた3月中旬に新型コロナウイルスに感染し、4月20日まで療養生活を送っていたことを公表した。

 症状は軽く、のどの痛みと咳が少しあった程度。しかし「私たちはどちらも80歳。症状は長くは続かなかったがリスクがあった。だから幸運だったと思う。命を落とされた方々とそのご遺族にはお悔やみ申し上げる」と複雑な胸中を明らかにしていた。

 フロリダ州ではニクラウス氏が感染した3月より、むしろ経済活動を再開させた6月5日以降の状況の方が深刻。累計の感染者数は35万47人(死者4982人)だが、6月5日以降にその82%に相当する28万8000人が集中している。

 19日には新たに1万2478人の感染が判明して87人が死亡。ここ1週間の推移は12624→9194→10181→13695→11466→10328→12478で、1日で5000人以上は26日連続、1万人以上は5日連続となった。30日からはNBAが同州オーランドでシーズンを再開させるが、きわめてリスクの高い状況となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月20日のニュース