渋野、前哨戦出られなくても…「ぶっつけ全英でも結果出せる準備を」

[ 2020年7月4日 05:30 ]

渋野日向子
Photo By スポニチ

 今週開催予定だった女子ゴルフの資生堂アネッサ・レディース前年覇者の渋野日向子(21=サントリー)が3日、オンライン会見に臨み、8月20日開幕の海外メジャー、AIG全英女子オープン(ロイヤルトルーンGC)連覇への意欲を口にした。同時期に国内ツアーも開催予定だが、前週の前哨戦から出場し、日本人史上初の海外メジャー連覇を狙うプランを表明した。

 ――この1週間は?
 「ずっとゴルフしてました」

 ――青木コーチと話をした?
 「特に怒られることもなく、前向きなことを言ってくれて。また、心改めて頑張ろうかなって思いました」

 ――予選落ちのダメージ回復法は?
 「やけ食いはしなかったですけど、確実にお菓子を食べる量は増えましたね(笑い)。おっとっと食べたりとか。何食べたかな、なんかいろいろ食べました」

 ――全英の前に前哨戦も出る。
 「もし出られたら凄くありがたい。でも、ぶっつけ全英でも結果を出せる準備ができたらと思います」

 ――昨年惜しくも優勝を逃したNEC軽井沢72をスキップしてでも全英優先?
 「はい、やっぱり去年優勝している試合なので」

 ――昨年末はリンクスは無理だと話していた。
 「コロナウイルスの影響もあるかもしれないけど…。試合がなかなかない状況で、もし全英がやるとなったら、かなり楽しみだなと」

 ――アース・モンダミン・カップでの渡辺彩香の5年ぶりの優勝は?
 「生中継で見ました。かなり感動しました」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月4日のニュース