八村、肉体改造の成果見せる PO進出目標に「8試合をしっかり戦いたい」

[ 2020年7月4日 07:12 ]

ウィザーズの八村塁(AP)
Photo By AP

 NBAウィザーズの八村塁(22)が、30日(日本時間31日)に再開するレギュラーシーズン残り8試合(フロリダ州オーランドで集中開催)でパワーアップした姿を披露する。3日(同4日)にオンライン会見に臨み「体重も増えて、体つきも大きくなったとよく言われます。体を鍛える時間が欲しかったので、時間を無駄にせずにできたんじゃないかと思います」と語った。外出自粛期間中に肉体改造に着手。ウエートトレーニングの成果で体重が約10パウンド(約4・5キロ)増えたという。

 コロナ禍により、シーズンは3月11日(同12日)から中断。プロ1年目は異例の事態に陥ったが「プレーオフに行けるチャンスがあるので8試合をしっかり戦いたい。ルーキーシーズンをしっかり終わらせて、次のステージに行けたらいいなと思っています」とプレーオフ進出を目標に掲げた。

 チームは東カンファレンスでプレーオフ進出圏内の8位まで5・5ゲーム差の9位。レギュラーシーズン残り8試合(フロリダ州オーランドで集中開催)で4ゲーム差以内に詰めれば、8位とのプレーオフ進出決定戦に出場できる。今季の八村は41試合に出場し、13・4得点6リバウンドを記録。肉体改造により、スケールアップしたプレーが期待される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月4日のニュース