ハンド元日本代表・宮崎大輔、右肩手術から退院 来年の実戦復帰目指す

[ 2020年7月4日 05:30 ]

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔
Photo By スポニチ

 ハンドボール元日本代表で6月に右肩手術を受けた39歳の宮崎大輔(日体大)が3日、横浜市内の病院を退院し、来年に実戦復帰を目指す意向を明らかにした。電話取材に応じ「年内は体を整える準備期間としたい。しっかり肩を治し、来年からリスタートしてボールを投げられるようにしたい」と意欲を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月4日のニュース