羽生結弦がメッセージ 「皆さんの前でスケートができることを祈っています」

[ 2020年6月11日 13:49 ]

「ファンタジー・オン・アイス2019」の羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(ANA)が11日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止となったアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」の公式ツイッターに登場。38秒の動画の中で自らの思いを丁寧に語り、ファンに向けてメッセージを届けた。以下、メッセージ全文。

 「こんにちは、羽生結弦です。今年はファンタジー・オン・アイスで皆さんに会うことができず、とても寂しく思っています。今年の夏はこのような形になってしまったからこそ、より一層、皆さんと一緒に感染拡大防止に努めながら日々を過ごしていきたいと思います。そしてまた皆さんの前でスケートができる時のために、僕自身も全力で努力を積み重ねていきます。どうかお気を付けてお過ごしください。皆さんの心の中に少しの不安もなく、皆さんの前でスケートができることを祈っています」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月11日のニュース