陸連 NTC利用再開のガイドラインを発表 強化選手のみ、1日3時間限定

[ 2020年5月28日 05:30 ]

味の素ナショナルトレーニングセンター
Photo By 共同

 日本陸連は27日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター陸上トレーニング場利用に関するガイドラインを発表した。当面は強化選手のみで1日3時間に限定。28日は、16年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(28=ミズノ)らが利用を予定している。

 日本陸連のガイドラインによると、第1段階では強化選手に限定し、午前と午後の2回に分けて1回3時間、最大20人の利用を認めている。第2段階は選手とコーチ1人の入場が可能で人数は最大40人まで。第3段階は選手、コーチに加えて練習パートナーが3人まで参加可能。利用人数に制限はない。利用時間も午前9時~午後5時までに拡大。段階の移行は東京都のロードマップに従うという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月28日のニュース