松山英樹が渡米 6月再開PGAツアーへ調整「万全の準備を整えたいと思います」

[ 2020年5月28日 18:10 ]

男子ゴルフ・松山英樹
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの米通算5勝の松山英樹(28=LEXUS)が28日、6月から再開する米PGAツアー出場のため渡米した。マネジメント事務所が発表した。PGAツアーは新型コロナウイルス感染拡大のため3月中旬から中断しており、松山は同月中に帰国して調整を続けていた。事務所を通じ、「シーズンが再スタートすることを受け、アメリカでの調整を再開することにいたしました。現地での自主隔離をはじめ、現状では生活面においても不透明なことも多く、不安もありますが、試合に向けた万全の準備を整えたいと思います」とのコメントを発表した。

 PGAツアーは6月11日開幕のチャールズシュワブ・チャレンジ(テキサス州)から再開するが、松山がどの試合から参戦するかは現時点では未定。状況を見極めながら慎重に検討するという。松山は「日々、新型ウイルスと闘ってくださっている医療従事者の皆様をはじめ、多くの方々に感謝いたします。プロゴルファーとして、感染防止に努めながら、国内外のファンの皆さまにいいニュースが届けられるよう、頑張りたいと思います」とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月28日のニュース