仏1部ラグビークラブ・RCトゥーロン 選手から大幅な給与削減提案

[ 2020年5月15日 05:30 ]

 ラグビーのフランス1部「トップ14」のRCトゥーロンは、選手側から大幅な給与削減の提案があったと発表した。リーグ戦が3月で中断しており、収入が減少したチームを支えるために選手全員で決めたという。削減の割合は明かされていない。

 トップ14ではカストルが選手やスタッフの給与削減に踏み切っており、選手は最大で15%、コーチは20%の削減で合意している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月15日のニュース