池江璃花子、緊急事態宣言による買いだめ危惧「必要な分だけ買いに行きましょ」

[ 2020年4月8日 05:30 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子(19=ルネサンス)が、緊急事態宣言によって、スーパーなどで買いだめが続出することを危惧した。7日、ツイッターで「皆さんスーパーは、慌てて行かず、買い溜(だ)めせず、いつも通り必要な分だけ買いに行きましょ!」と自粛を呼び掛けた。

 池江は昨年2月12日に白血病を公表。闘病の末、昨年12月に退院し、2月には軽いトレーニングを再開したと報告している。「スーパーも、ちゃんと量は確保してあるみたいだし、感染してても無症状の人もいるから、今、大勢の人が一気にスーパー押し寄せたらって思うと怖いです」と病気の克服を目指すアスリートとして、切実な思いをつづった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月8日のニュース