サンウルブズ戦、日本でコロナ拡大も中止せず実施へ

[ 2020年2月20日 05:30 ]

 日本ラグビー協会は都内で理事会を開き、新型コロナウイルスについて政府の方針通りに対応することを確認した。一部関係者はスーパーラグビー、サンウルブズの日本での試合を懸念する声が海外からあると明かしたが、岩渕健輔専務理事は「スケジュール通りに行う。懸念は持たれていない」と強調。

 情報収集に努めながら運営団体SANZAARと協議しており、次のホームゲームとなる3月8日のブランビーズ戦(花園)も「もちろん実施」とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月20日のニュース