NFLのプレーオフ枠が2つ増加へ レギュラーシーズンは1試合増か?

[ 2020年2月20日 12:53 ]

スーパーボウルの優勝チームに与えられるビンス・ロンバルディ・トロフィー(AP)
Photo By AP

 NFLのプレーオフ・フォーマットが2020年シーズンから変更される可能性が出てきた。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、現行システムではアメリカン・カンファレンス(AFC)とナショナル・カンファレンス(NFC)に所属する全32チーム中、8つのディビジョン1位を含む計12チームがポストシーズンに進出できるが、新たな労使協約が合意に達すると、両カンファレンスともに1チームずつ増えて計14チームによるプレーオフに変更。現行システムでは1回戦免除は両カンファレンスとも第1シードと第2シードの2チームだが、新方式では第1シードのみになる。

 またレギュラーシーズンを今季までの16試合から17試合に変更する案も検討されており、この場合、開幕前のプレシーズン・ゲームは4試合から3試合に減るという内容になっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月20日のニュース