井上、“UVERパワー”で日本記録更新だ!勝負曲聴いて「優勝争いに絡む」

[ 2020年2月20日 05:30 ]

リラックスした表情で調整する井上大仁
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン男子代表最後の1枠を争う東京マラソン(3月1日)に出場する井上大仁(27=MHPS)が19日、長崎市内で記者会見し、ファンを公言している6人組ロックバンド「UVERworld」が昨年打ち立てた4万5000人という男性客動員日本記録に続く、マラソンでの日本記録更新を誓った。「日本記録を一つの目標に、それ以上のレベルをできる限り発揮して優勝争いに絡みたい」とライブに負けじと、走りで日本中を沸かせる。

 試合前にはマラソン練習中に聴いていた曲をベースに自分で「セットリスト」を作ってテンションを上げるといい、東京マラソンに向けたリストもほぼ完成。「練習はしっかり積めているので調子は悪くない」と自信を見せる。

 中学校の卒業文集にも「好きな歌」として挙げるほどの熱烈ファン。「(UVERは)日本記録を出したのでファンとしても付いていきたい」と音楽の力を味方に大記録に挑戦する。 

 ▽UVERworld 2000年結成の6人組ロックバンド。08年には日本武道館で単独公演。10年には初の東京ドームワンマンライブを行った。08年にTVアニメの主題歌になった「儚(はかな)くも永久のカナシ」はオリコンチャートで1位を獲得した。ボーカルのTAKUYA∞は市民ランナーとしても有名。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月20日のニュース