渡辺一平、僅差3位 きららカップ男子100メートル平泳ぎ

[ 2020年2月10日 05:30 ]

競泳 きららカップ最終日 ( 2020年2月9日    山口市・山口きらら博記念公園水泳プール )

きららカップ男子100メートル平泳ぎで3位の渡辺
Photo By 共同

 男子100メートル平泳ぎは、昨夏の世界選手権200メートル平泳ぎ銅メダルの渡辺一平(22=トヨタ自動車)が1分0秒41で3位だった。

 小関也朱篤(27=ミキハウス)は1分0秒35で2位、小日向一輝(25=セントラルスポーツ)が1分0秒25で接戦を制した。男子100メートル自由形は松元克央(22=セントラルスポーツ)が自己記録まで0秒27に迫る48秒79で優勝した。

 《五輪代表争い「楽しみたい」》渡辺は接戦で敗れたが、200メートル個人メドレーと合わせてこの日4本目のレースに「コンディションは良くない中で良い内容だった」と前向きに話した。1月末の北島杯で課題だった前半50メートルのストローク数は17から16に減り、「少ないストローク数で抵抗を減らして泳ぐことが生命線なので」と手応え。小関や小日向、北島杯で好記録を出した佐藤との五輪代表争いに「2枠を争うのは面白いレースになる。楽しみたい」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月10日のニュース