寺本明日香が左足アキレス腱断裂 体操女子中心メンバーが…東京五輪へ暗雲

[ 2020年2月8日 16:42 ]

寺本明日香
Photo By スポニチ

 日本体操協会は8日、6日の強化合宿で左足を負傷した寺本明日香(24=ミキハウス)が、左足アキレス腱断裂と診断されたと発表した。負傷翌日の7日に東京都内の病院で手術を受けたという。

 寺本は12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表。昨年10月の世界選手権では主将としてチームを引っ張り、東京五輪の団体総合出場枠獲得に貢献した。東京五輪の個人出場枠が懸かる3、4月の個人総合W杯シリーズに出場予定だった。

 合宿は6日から始まったが、寺本は床運動の練習中に左足を痛め、治療のために早退していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月8日のニュース