【写真特集】紀平梨花、史上初の四大陸選手権連覇 樋口新葉は4位、坂本花織5位

[ 2020年2月8日 17:30 ]

フィギュアスケート四大陸選手権第3日 ( 2020年2月8日    韓国・ソウル )

<フィギュア四大陸選手権第3日>女子フリー、優勝した紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・ソウル)は8日に女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(関大KFSC)が今季自己ベストの合計232・34点で男女通じて初の連覇。樋口新葉(明大)は合計207・46点で4位、坂本花織(シスメックス)は合計202・79点で5位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月8日のニュース