Gリーグ・レジェンズの馬場雄大が自己最多の19得点 ハッスル戦で大活躍も惜敗

[ 2020年1月30日 17:05 ]

Gリーグで自己最多の19得点をマークしたレジェンズの馬場雄大(AP)
Photo By AP

 NBAの下部組織、Gリーグのテキサス・レジェンズ(マーベリクス傘下)に所属している馬場雄大(24)は29日、敵地サウスヘブン(ミシシッピ州)で行われたハッスル(グリズリーズ傘下)戦に途中出場。第3Qには3本シュートを3本連続で成功させ、19分の出場ながらフィールドゴールを9本中8本(うち3点シュートは3本中3本)成功させて、Gリーグでは自己最多の19得点をマークした。

 馬場は3リバウンド、2アシスト、2スティールも記録。しかし試合は127―132(前半61―62)で敗れてレジェンズは16勝14敗。13チームで構成される西地区全体では6位となっている。

 一方、西地区で首位に立っているハッスルは3連勝で23勝7敗。NBAグリズリーズに帯同している渡辺雄太(25)はベンチ入りしなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月30日のニュース