男子マラソン代表・服部勇馬 五輪マラソンコース決定に「準備すること変わらない」

[ 2019年12月20日 05:30 ]

愛知県田原市内で取材に応じた服部
Photo By スポニチ

 東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(26=トヨタ自動車)が19日、愛知県田原市内で取材に応じ、約20キロを1周した後、10キロを2周することが決定したコースについて「準備することはあまり変わらない。周回ならより多くの人に応援してもらえる」と前向きに語った。

 札幌のコース案が浮上したころから五輪初の周回コースとなった12年ロンドン五輪の映像を見てイメージトレーニングしていた。マラソン練習でも10キロを4周など日頃から行っていて「自分は周回がストレスになることはない」という。

 雪解けを待って来年4月と5月に1度ずつ試走を予定している。「夏のマラソンだがスピードを上げたレースをしたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月20日のニュース