札幌市長 大通公園の“夏の風物詩”ビアガーデンは「開催の方向で調整」

[ 2019年12月20日 05:30 ]

 札幌市の秋元克広市長は市内で取材に応じ、開催が懸念されていた大通公園の夏の風物詩のビアガーデンについて「開催できる方向で調整したい」と発言した。

 ただ、競技前後の準備期間は未定で、市長は「全て(の日程)ができるわけではないと思う」との見通しも口にした。20日には札幌市内に運営本部が設置される。秋元市長は「大通公園は札幌の魅力が最も凝縮している場所。スピード感を持って準備を進めていきたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月20日のニュース