羽生九段「自分の出生地」埼玉で聖火リレー「しっかりその務めを果たしたい」

[ 2019年12月18日 05:30 ]

 2020年東京五輪の聖火リレーの詳細が17日、発表された。国内最初のランナーは2011年のサッカー女子W杯で初優勝した当時の日本代表「なでしこジャパン」メンバーで来年3月26日、福島県の「Jヴィレッジ」からスタートする。将棋の史上最年少棋士、藤井聡太七段(17)は愛知県瀬戸市を走ることが決まり、「自分らしく走りたい」とコメントした。

 藤井七段に加え、将棋界で初めて国民栄誉賞を受賞した羽生善治九段(49)が聖火ランナーに選ばれた。埼玉県の走者に決まった羽生九段は「埼玉県は自分の出生地であり感慨深い。しっかりその務めを果たしたい」とコメント。また、日本将棋連盟の佐藤康光会長(50)も故郷の京都を走ることになり「少年時代に将棋を学んだこの地で走れる喜びを感じている。最初で最後の経験と思うが、精いっぱい務めたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月18日のニュース