レイカーズのデービスが今季自己最多の50得点 76ersとヒートはホームで不敗

[ 2019年12月9日 15:20 ]

ハイタッチを交わすレイカーズのジェームズとデービス(右=AP)
Photo By AP

 NBAは8日に各地で8試合を行い、レイカーズは地元ロサンゼルスでティンバーウルブスを142―125(前半73―65)で下して21勝3敗。アンソニー・デービス(26)がフィールドゴールを29本中20本、フリースローを10本すべて成功させて今季自己最多の50得点をたたき出した。レイカーズは4連勝。試合のなかったバックス(20勝3敗)を抜いて再びリーグ全体の単独首位に立った。

 レブロン・ジェームズ(34)は前半で4反則を犯しながらも32得点と13アシストをマーク。デービスの50得点以上はペリカンズ時代を含めて通算4回目で、2016年2月21日のピストンズ戦で記録した自己最多得点(59)には「9」及ばなかった。

 76ersは地元フィラデルフィアでラプターズを退けてホームでは今季12戦全勝。ヒートも27得点をマークした新人タイラー・ヒーロ(19)の活躍で、延長の末にブルズを振り切って地元マイアミでは10戦全勝と「不敗」を守った。

 ウィザーズと10日に対戦するホーネッツは地元シャーロットでホークスに敗れて9勝16敗。ここ5戦では4敗と調子を落としている。

 <8日の結果>

クリッパーズ(17勝7敗)135―119*ウィザーズ(7勝15敗)
*ネッツ(13勝10敗)105―102ナゲッツ(14勝7敗)
ホークス(6勝17敗)122―107*ホーネッツ(9勝16敗)
*ヒート(17勝6敗)110―105(延長)ブルズ(8勝16敗)
*76ers(17勝7敗)110―104ラプターズ(15勝7敗)
キングス(9勝13敗)110―106*マーベリクス(16勝7敗)
サンダー(10勝12敗)108―96*トレイルブレイザーズ(9勝15敗)
*レイカーズ(21勝3敗)142―125ティンバーウルブス(10勝12敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月9日のニュース