大栄翔 白鵬下して一日遅れのバースデー祝い 貴景勝祝福に「凄くうれしい」

[ 2019年11月11日 18:51 ]

大相撲九州場所2日目 ( 2019年11月11日    福岡国際センター )

 前頭筆頭・大栄翔(26=追手風部屋)が1日遅れの誕生日プレゼントを自らの手でつかんだ。立ち合いで鋭く踏み込み白鵬に低く当たり、突き放して電車道で金星を挙げた。先場所の鶴竜戦に続き、通算2個目の金星を奪うと、支度部屋で大関・貴景勝から「おめでとう」と祝福され「凄くうれしい。本当に良かった今日は」と目尻を下げた。

 初日の10日にバースデーを迎えたが大関・高安に一方的に敗れて「最悪の誕生日です」と肩を落とした。それでも、しっかり気持ちを切り替えて臨んだ結びの一番で白星を飾り、「立ち合いしっかり当たれた。前に出ること考えて、考えた通りにできてよかった」と満足顔を浮かべた。

 今場所に向けては低さを意識して稽古場で汗を流してきた。場所前、貴景勝が出稽古に来た時は「もっと低かった」と打ちのめされたが、短期間でさらに磨いて、第一人者から忘れられない勝利を挙げた。着実に力をつけて三役は目前。「憧れ」という横綱に勝った26歳は「勝てば上がれるチャンスなので、そこはどん欲にいきたい。まだ2日目なので気を抜かず最後までやっていきたい」と気持ちを切り替えていた。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月11日のニュース