渋野 13位終戦で鈴木愛に賞金ランク抜かれ…「自分のレベルが低いんだなって」

[ 2019年11月11日 05:45 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラシック最終日 ( 2019年11月10日    滋賀県・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

9番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・平嶋 理子)    
Photo By スポニチ

 20歳最後の試合は13位で終戦。渋野は7位からの巻き返しを図るも、順位を下げる形になった。

 【渋野に聞く】
 ――最終18番での笑顔が今日で一番だった。
 「最後は本当にホッとしたので。あぁ~って感じ」

 ――鈴木さんに賞金ランクで抜かれた。
 「抜かれて当然。結果を出さないといけない中で出し切れてないんで。そこは経験の差でもあるし、実力の差でもあるし。自分がまだ全然レベルが低いんだなっていうのを実感します」

 ――世界ランクという意味では?
 「世界ランクの維持だったり、上に行くためにはやっぱり残り3試合はトップ5には絶対入らなきゃいけないと思う」

 ――鈴木さんと世界ランクが縮まって、見ている方は…。
 「楽しいですよね(笑い)。まあでも、本当に当然だと思うし。私は全英の一発で上がっただけなので。徐々に上げてきたわけじゃないですし。まあ、そこはやっぱり。ねえ、実力は全然違うので」

 ――20歳最後の試合。
 「ねえ、締め悪いですよね(笑い)。まあ、バーディーバーディーは良かったかな」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月11日のニュース