日本陸連理事会 五輪報奨金リオと同額に 金メダル2千万円

[ 2019年10月11日 05:30 ]

 日本陸連は10日、都内で理事会を行い、20年東京五輪の選手報奨金を16年リオデジャネイロ五輪と同額の金メダルが2000万円、銀メダルが1000万円、銅メダルは800万円とすることを承認した。リレー種目は予選、決勝に出場した全選手が対象で半額がそれぞれに支給される。

 また、ドーピング違反などによって順位が剥奪された場合は全額返納とし、10年間で他選手の違反などで順位変動があった場合は差額が支給される。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年10月11日のニュース