男子400リレー、白石のアンカー濃厚 DLロンドン大会

[ 2019年7月20日 05:30 ]

陸上のダイヤモンドリーグ第10戦を前に、バトンパスの練習をする小池(左)と桐生
Photo By 共同

 陸上のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会は20日、ロンドン・スタジアムで開幕する。19日には男子400メートルリレー(21日)に向けて桐生祥秀(23=日本生命)や小池祐貴(24=住友電工)らがロンドン郊外でバトンパスを調整した。初めて出場する白石黄良々(23=セレスポ)のアンカー起用が濃厚。サニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が欠場したリレー侍に新たなオプションが加わりそうだ。

 1走多田修平(23=住友電工)、2走に小池、3走に桐生を据えた布陣を想定。世界リレーでメンバー入りしながらも出走できなかった白石は「ここで走らせてもらうのは責任も伴う。いろいろなものを背負って頑張りたい」と、世界リレーの雪辱を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月20日のニュース