水球男子日本 今大会初勝利、ブラジルとの接戦制した

[ 2019年7月20日 05:30 ]

水泳 世界選手権第8日 ( 2019年7月19日    韓国・光州 )

<日本・ブラジル>第3ピリオド、ディフェンスする荒井(左)ら(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 水球男子1次リーグで日本が今大会初勝利を挙げた。1次リーグ敗退が決まっていたブラジルを相手に第2ピリオド(P)終了時は4点リード。第4Pに追い上げられて一時1点差に迫られたが、振り切った。

 大本洋嗣監督(52)は「思い通りの試合ではなかったが、勝ち切れたのは大きい」と強調した。勝ち点で2位ドイツと並んだが、首位イタリアとの対戦結果の差で3位通過。12チームによる決勝トーナメント1回戦でスペインと対戦する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月20日のニュース