モスクワ五輪“幻の代表”、東京聖火ランナーに起用も

[ 2019年7月3日 05:30 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕新会長は、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長に就任あいさつに訪れ、日本がボイコットした1980年モスクワ五輪の「幻の日本代表」の元選手が、20年大会に「何らかの形で関われるよう、ご検討いただければ」と正式に要望した。

 関係者によると、当時から40年の節目となる東京五輪の聖火リレーで、モスクワ大会のみ代表だった元選手を対象にランナーとして起用する案などが浮上しており、既に組織委とJOCが大会参加へ調整を進めている。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月3日のニュース