新女王バーティ、自然体で貫禄「全ての時間楽しみたい」

[ 2019年7月3日 05:30 ]

テニス ウィンブルドン選手権第2日・女子シングルス1回戦   バーティ2―0鄭賽賽 ( 2019年7月2日    英ロンドン・オールイングランド・クラブ )

女子シングルス2回戦に進出したバーティ
Photo By 共同

 第1シードのバーティが新女王の貫禄を見せつけた。鄭賽賽に快勝し「1回戦は常にタフな試合になるが、うまく順応できた」と喜んだ。

 序盤は第1サーブの成功率が低かったが、スライスを中心に多彩なショットで活路を見いだして第1セットを先取。第2セットはプレーの精度も上がり、隙がなかった。大坂を抜いて世界1位として迎えた初めての4大大会。「少し変な感覚だが、全ての時間を楽しみたい」と自然体を強調した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月3日のニュース