プティンツェワ、大坂対策ズバリ ミス誘発「自信持ってできた」

[ 2019年7月3日 05:30 ]

テニス ウィンブルドン選手権第1日・女子シングルス1回戦   プティンツェワ2―0大坂 ( 2019年7月1日    英ロンドン・オールイングランド・クラブ )

大坂を破ったプティンツェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 プティンツェワは緻密な戦略で大坂を追い込んだ。苦手な芝コートで勝ちを急ぐ大坂に対し、要所でスライスショットを織り交ぜ、ミスを誘発。

 第1セットのタイブレークでも1―3から形勢を逆転する落ち着きぶりで、大坂には3戦3勝となった。大坂対策は「内緒」と不敵に笑い、「自信を持ってプレーができた」と胸を張った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月3日のニュース