服部勇馬 MGC前最後のレースへ出発「練習の一環として走る」

[ 2019年7月3日 20:19 ]

出国前に取材に応じる服部
Photo By スポニチ

 男子マラソンの服部勇馬(25=トヨタ自動車)がゴールドコーストマラソン(6日開幕、シドニー)のハーフマラソン出場のため3日、羽田空港から出発した。昨年12月の福岡国際マラソンで、12年ぶりの日本人優勝を果たしMGC代表に内定。9月15日に行われるMGCに向け「試合という感覚はなく、練習の一環として走る」と調整の位置づけで、大勝負前の最後のレースに臨む。

 4月に急性虫垂炎にかかり、ぎふ清流ハーフマラソンを欠場。だが「いい休養になった」と焦りはない。「スケジュールはほんの少し遅れたが、何も問題なく練習をやれている」と順調な様子を見せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月3日のニュース