八村、笑顔でウィザーズと契約合意 6日サマーL初戦で比江島と日本人対決

[ 2019年7月3日 05:30 ]

NBAウィザーズの公式ツイッター上にアップされた八村塁の画像(同球団提供)
Photo By 共同

 NBAウィザーズから日本人初のドラフト1巡目指名(全体9位)を受けた八村塁(21)が1日、クラブとの契約に合意した。推定年俸は446万ドル(約4億8200万円)。労使協定により、ドラフト1巡目指名選手は2年間の契約が保証され、3年目と4年目への延長はチームオプションとなる。ドラフト会議を経てのNBA入りは日本人初。クラブ公式ツイッターは、八村が契約書とみられる書類にサインする画像を公開した。

 八村は既に6月25日から3日間、本拠地ワシントンで行われたミニキャンプに参加。今月5日からはラスベガスで開催される若手の登竜門サマーリーグに臨む。ウィザーズの6日の初戦の相手であるペリカンズはこの日、比江島慎(28=栃木)のサマーリーグメンバー入りを発表しており、いきなり日本人対決が実現する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月3日のニュース