荒磯親方が称賛、竜電「うれしい」二所ノ関一門連合稽古

[ 2019年6月30日 05:30 ]

7月7日初日大相撲名古屋場所

二所ノ関一門連合稽古の後にファンのサインに応じる荒磯親方
Photo By スポニチ

 二所ノ関一門連合稽古が二所ノ関部屋のある仏地院(名古屋市天白区)で行われ、荒磯親方(元横綱・稀勢の里)が引退後初めて視察に訪れた。

 前日に続き高安、貴景勝の両大関が不在の中、目についたのが新小結・竜電。琴奨菊を速攻で寄り切った相撲を例に挙げ「顔つきが変わってきた。腰周りも大きくなった」と称賛した。3日間の連合稽古で精力的に53番取った竜電は荒磯親方の評価に「うれしい。しっかり応えていきたい」とうなずいていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月30日のニュース