ラグビー協会次期理事 清宮氏ら候補、29日正式決定

[ 2019年6月13日 05:30 ]

ラグビーW杯日本大会の記念イベントに参加した清宮克幸氏
Photo By 共同

 日本ラグビー協会は都内で理事会を開き、前ヤマハ発動機監督の清宮克幸氏ら次期理事候補24人を決めた。29日の評議員会で正式決定し、直後の理事会で森重隆副会長が新会長に就任する見込み。

 森副会長は報道陣に「1期2年、死ぬ気でやります」と早くも“施政方針”を発表。「閉鎖的だった」という協会内の風通しを良くし、課題である国際競争力を高めるほか、代表強化に不可欠なトップリーグの改革については「(副会長に就く見通しの)清宮が考えてくれると思う。清宮しかいない」と指名した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月13日のニュース