見延「金狙う」、13日開幕フェンシング・アジア選手権

[ 2019年6月13日 05:30 ]

記念撮影に応じる見延(左端)らフェンシングのアジア選手権日本代表
Photo By 共同

 13日に開幕するフェンシングのアジア選手権に出場する男子エペの世界ランク2位・見延和靖(31=ネクサス)ら有力選手が会場の千葉ポートアリーナで会見に臨んだ。

 グランプリ大会で日本勢初の2勝目を挙げた海外遠征から5月21日に帰国。その後、38度を超える発熱があり、「かなり出遅れた」と明かしたが、自国開催の大舞台へ「個人でも団体でも金メダルを狙っていきたい」と闘志を高めた。20年東京五輪の団体出場権争いで重要な今大会。エペのエースが日本をけん引する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月13日のニュース