朝比奈 むちむちから“指やせ”の変化、柔道女子代表合宿

[ 2019年6月13日 05:30 ]

柔道女子日本代表の強化合宿で練習する朝比奈
Photo By 共同

 柔道女子日本代表が北海道旭川市で合宿を開始し、今夏の世界選手権(日本武道館)で2連覇を狙う78キロ超級の朝比奈沙羅(パーク24)が“指やせ”を告白した。

 4月の選抜体重別選手権、皇后杯と相次ぎライバルの素根輝(環太平洋大)に敗戦。幼少期から「体が大きいので基本をおろそかにしていた」と苦手の組み手練習に本格的に着手。その結果、「手が変わった。むちむちだったが節が出てきた」と変化を実感。「伸びしろだらけ。2連覇が懸かるがチャレンジャーで」と進化を図る。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月13日のニュース