白鵬 手術は受けず 宮城野親方「そのままじっとして治療していくしかない」

[ 2019年5月9日 12:30 ]

白鵬
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬(34=宮城野部屋)が、夏場所(12日初日、東京・両国国技館)を休場することになった。師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)が「右上腕の断裂で全治は3週間以上かかる。一応は治ってきているけどまだまだという感じ。休場です」と明かした。

 白鵬は前日病院で検査を受け、師匠に状態を報告。「お医者さんも(筋肉の)断裂の状態を見てまだまだと言われていた。(令和最初の場所で)本人も残念がっていましたけど、仕方がない。治す気で頑張ってましたが、なかなか治んないもんですから」と説明した。この日、日本相撲協会に診断書と休場届を提出した。

 横綱は春場所千秋楽の鶴竜戦で右上腕を負傷。その後は春巡業や稽古総見にも参加していたが、相撲を取る稽古はできていなかった。宮城野親方は「やっぱり思い切り当たったり、そういう相撲を取れない。まだ稽古もできる状態じゃない」と話した。

 右上腕は手術を受けず、自然に回復するのを待つ方針。「それ以外ないです。そのままじっとして治療していくしかないです。ただ筋肉もだいぶ治せる状態にはなっているみたいです」。今後は7月の名古屋場所に向けて調整していくことになるが「(右腕が)完全に治らないと稽古も十分にできない。下半身を鍛える稽古はやると思いますが、それ以上はできない」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月9日のニュース