錦織 バブリンカにストレート負け 2年ぶりの8強入りならず

[ 2019年5月10日 00:45 ]

テニス マドリード・オープン ( マドリード )

バブリンカに敗れた錦織(AP)
Photo By AP

 男子シングルス3回戦が行われ、第6シードで世界ランキング7位の錦織圭(29=日清食品)同34位のS・バブリンカ(34=スイス)にストレート負けを喫し、2年ぶり8強入りを逃した。

 元世界3位の力強いサーブに苦戦した。第1セット第1ゲームをラブゲームでキープされると、早くも第2ゲームでブレークを許した。第4ゲームでようやくキープに成功するも、バブリンカのサービスゲームではわずか2ポイントしか奪うことができず、3-6で第1セットを落とした。

 相手の強烈なショットに動きを止められた。第2セット第1ゲームは錦織のサーブが冴えラブゲームでキープ。錦織は調子を取り戻し粘り強くキープを続けたが、ブレークを奪えずゲーカウント6-6でタイブレークに突入。バブリンカに3ポイント先取され追う展開も食らいついたが、3-7で敗れ2年ぶり8強入りはならなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月9日のニュース