×

竹田会長、6月退任の意向 19日JOC理事会、即辞任の声も

[ 2019年3月18日 21:20 ]

 2020年東京五輪招致疑惑の渦中にある日本オリンピック委員会(JOC)は19日、東京都内で理事会を開く。フランス司法当局の捜査対象となっている竹田恒和会長(71)が、6月の任期満了で退任する意向を表明する見通しであることが18日、複数の関係者の話で分かった。

 イメージ悪化を憂慮する大会関係者からは即座の辞任が必要だとする意見も強いが、竹田氏は一貫して潔白を主張しており、疑惑を認めたと受け取られかねない辞任を避けたい考え。東京五輪開催を控え、退任時期と後任の人事が焦点となっている。

 この問題で竹田氏は国際会議を欠席するなど活動に影響が出ており、東京五輪まで定年が延長された国際オリンピック委員会(IOC)委員を続けるかも重要な点になる。JOC会長の後任候補には柔道五輪金メダリストで国民栄誉賞を受賞した山下泰裕選手強化本部長が挙がるが、異論を唱える関係者もおり、難航する可能性がある。

 01年にJOC会長に就任した竹田氏は現在10期目。当初は6、7月の役員改選で再選が確実視されていた。大会組織委員会の副会長など要職も務めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年3月18日のニュース