川内、毎週新婚旅行!お相手・水口侑子伴い国内外転戦へ

[ 2019年3月13日 05:30 ]

勤務先の久喜高に自転車で出勤した川内
Photo By スポニチ

 5月に結婚することが明らかになった男子マラソンの川内優輝(32=埼玉県庁)が、当面は新居を構えないことが分かった。4月のプロ転向後、連覇が懸かるボストン・マラソン(米マサチューセッツ州)を皮切りに、毎週のようにレースに出場。勤務の必要がなくなることで大会開催地での滞在日数をこれまでよりも増やし、移動日を加えて1週間の基本スケジュールとする方針だ。

 お相手の水口侑子(33=デンソー)は10日の名古屋ウィメンズマラソンで現役生活に別れを告げ、今月末で所属を退社する。川内は「しばらくは遠征先を転々とする。流浪の民としてやっていきますよ!」と話しており、最愛のパートナーと神出鬼没に国内外を転戦するとみられる。

 この日は自転車で久喜高(定時制)に出勤。今はまだ公務員の市民ランナーという立場ながら、自身の結婚報道への大きな反響にやや困惑気味だ。「一般人でこうなるとは。私が一般人であることには、やっぱり無理があった。だからプロになるんです」。水口への思いなどを問われると、「それはおいおい…」と照れ笑い。代表入りを確実にした世界選手権(9月27日開幕、ドーハ)へ、公私ともに熱く駆ける。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月13日のニュース