池江璃花子、詳細な検査結果判明は2〜3週間後 その後本格的な治療か

[ 2019年2月13日 20:21 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)の病状について、詳しい検査結果が出るまで2〜3週間かかる見通しであることが13日、日本水泳連盟関係者への取材で分かった。

 白血病は進行の速さや、がんになる細胞の種類によって急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病などと細かく分類されている。治療方法は種類によって違い、詳細な検査結果が判明した後に本格的な治療に入るとみられる。

 池江は1月18日からのオーストラリア合宿中に体調不良を訴え、現地の病院での検査結果を受けて今月8日に急きょ帰国。日本での再検査で白血病と診断された。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月13日のニュース