柔道GSパリ大会復活Vに近藤「首の皮一枚つながった」

[ 2019年2月13日 05:30 ]

グランドスラムパリ大会から帰国し、取材に応じる柔道女子の近藤
Photo By 共同

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会で優勝した女子48キロ級の近藤亜美(23=三井住友海上)が羽田着の航空機で帰国し、「ここ一番で勝てたのはうれしい。内容よりも金が欲しかったが、内容も付いてきた」と胸をなで下ろした。

 昨年後半はアジア大会から4大会連続でV逸。今夏の世界選手権(東京)代表争いで後がない状態だったが、オール一本勝ちで復活アピールに成功。「首の皮一枚、つながったと思う」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月13日のニュース