×

内田前監督・井上前コーチ、書類送検へ 日大悪質タックル問題

[ 2019年2月5日 05:30 ]

井上前コーチ(左)と内田前監督
Photo By スポニチ

 日大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、警視庁が傷害容疑で内田正人前監督(63)と井上奨前コーチ(30)の捜査結果を近く東京地検立川支部に書類送付する方針を固めたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 明確な傷害の意図を持った指示は認定しない見通し。警視庁は同容疑でタックルした宮川泰介選手(20)も書類送検する方針。負傷した関学大の選手側は宮川選手の寛大な処分を求め、示談も成立しているため、同支部は処分を慎重に検討するとみられる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年2月5日のニュース