千賀ノ浦親方感慨「ちょっとウルッ」、断髪式実現に奔走

[ 2019年2月3日 05:30 ]

元幕内・貴ノ岩断髪式 ( 2019年2月2日    両国国技館 )

貴ノ岩(下)の断髪式で、最後にはさみを入れ大いちょうを手にする千賀ノ浦親方(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 元貴ノ岩の師匠だった千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は「ちょっとウルッときそうになった。いい断髪式だった」と感慨に浸った。元貴ノ岩が引退した際に「幕内で相撲を取った男だから最後の花道としてやってあげたい」と断髪式の開催に向けて動き、国技館の本土俵で実現させた。

 元弟子の「けじめ」を終え、「自分に合った仕事を見つけてくれたら。貴ノ岩からは、仕事がうまくいったら部屋の応援をしますと言われた」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月3日のニュース